儚くも湧き上がる言葉たち 


by inisie-yume

咲いて満ちて

c0195169_23452941.jpeg

『咲いて満ちて』




明日は満開だね


誰かの声が聞こえる




陽の光を求めているのか?


高い温度と。陽の光で咲くのか?


いつものように自問自答をする


咲いて満ちるもの


かたちあるもの 心に染み込んで行くもの?




光放ち透き通るのか?


足を止める力と。魔法のように咲くのか?


風と土にでも聞いてみたい


満ちて散って行くもの


形を壊し 永遠に渡り歩き行くもの?




咲いて満ちて




いつかの君のようにあれ


誰かの心に聞こえる




人はいつの日にか


この花を なんと呼ぶのだろうか?


IMG_2249.jpeg



[PR]
# by inisie-yume | 2018-03-25 09:10 | 言葉たち

ストロベリームーン

ストロベリームーン




6月の寒い夜に


あんたは、あたいに愛を告げるけれど。


あたいは、薄着をして来たからさ。


風邪を引きそうなんだよ。


まあ、それが恋に似てれば少しは救いかな?




世の中は便利で、


昔インディアンが言ってた。


その言葉を使ってさ。


なんだか、うまいことやりたいのかな?


あたいはさ、バーボンソーダが飲みたいよ。




子供の頃からさ、


なんで雨の頃になると。


赤い月かと思ってたよ。




血のように赤くは見えないんだね。


本気でさ、血が流れるくらいにさ。


愛し合った証に。


お月さんも、赤く染まるんじゃないのかい?




捨てるほどの愛なら。


中途半端な愛なら。


あの血の中に沈んで仕舞えばいいさ。




一緒に赤く染める気ならば。


あたいはあんたに惚れるかもね?




月がグレーブフレーツみたいな色に変わったら。


金髪が好きだなんて、バカなこと言ったら。


あたいは、あんたのファンになるさ。




馬鹿な男。


あたいは月だよ。


あんたの手には追えないよ。




今夜は、雨さ。


それを見上げるのはやめたほうがいいよ。


[PR]
# by inisie-yume | 2018-03-14 15:06 | love or crash ?

よるかげ

『夜陰』


今日も約束は守れなかった。


何も手に入らずに


クタクタで、静かに日は落ちて


分刻みで濃くなって行く紫に


この身を小さくしたんだ


俺はこの夜に紛れて


逃げ出そう


夜陰に紛れ


何も考えなくて良い場所へ


自分自身を 夜に紛れさせて


溶けてしまおう


明日の愛のために




逃げて逃げて逃げて


遠くまで、とても遠い場所まで


辿り着く場所なんて


もうどうでもよかったはずなのに


俺は、本能的に


思いとは裏腹に


気がつくと途中下車していたのさ。


この夜から。




もう、今更。


言い訳なんてしないさ。


裸足で歩いて行く。


悪いことばかりじゃないだろう。


笑いながらゆくよ


足元に屍を踏みしめていたとしても


[PR]
# by inisie-yume | 2018-03-14 15:04 | love or crash ?

eve

イブ




雨で良かった。


もし雪だったら


もう心が壊れてしまって


君のことを抱きしめに行って


きっと君を困らせただろうから




冷たい雨が傘を持つ手まで


冷やしてしまえばいい


きっとその方が僕のためになるから


振り返らずに生きていかなければ




誰もがクリスマスソングを


口ずさんでいるわけじゃないことは


良くわかっている


クリスマスの日に恋人がいる


必要がないことも


わかっている




落ちてくる雨を見上げて


雨雲の向こうにある月を想う


雨が降ることも雪が降ることもなく


月光に満たされたあの天空を思う




愛なんて口にしなくても


せめて、落ちてくる雨に


月の光の魔法がかかっていることを


今降りかかる雨を手のひらに受けて


魔法を飲み込んでみる




闇に飲み込まれないように


明日は輝けるだろうか?


[PR]
# by inisie-yume | 2018-03-14 14:22 | love or crash ?

口笛

『口笛』

夜の孤独が壊れないからなのか?
夜の魔法を誰も壊せないからなのか?
今夜は、 月と星も流星もない夜。
君への想いだけが!天空に舞い上がる。
心を伝えたくて。
君に。

いにしえの夢の歌を口笛で吹いて聞かせる。
あのころはまだ。
遠い。誰もたどり着けない場所で。
今では、古の夢の中でしか現れない音楽に。

伝えたくて。伝わらないもの。
ねぇ。そうだろ?
壊したくないものを。
守り続けることもできない。

明るい月は、光を届けようとしてくれている。
深い森の底にまで届くように。
エルフは祈り。
闇は呼吸を止める。

夜の孤独が、ため息を
ため息を


[PR]
# by inisie-yume | 2017-05-10 16:15 | 言葉たち